スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XperaZ3用ウィンドウ付きフリップブックレットスタイル保護カバー使用感

Xperia Z3用のウィンドウ付きフリップブックレットスタイル保護カバーSCR24を購入して数日装着してみた感想です。(長い・・・)
私は本体ホワイトなので白を選びました。

SonyMobile製品ページ

scr24.jpg

写真の通りの閉じても小窓から情報の閲覧や操作ができるものです。
窓部分はちゃんと透明のシートが貼られています。
フリップを閉じると小窓用に合わせた画面に切り替わります。

フリップを閉じた状態で操作できることは
・カメラ撮影
・アラーム
・電話着信応答
・ミュージックプレイヤー
・一部のウィジェットの追加と確認(カレンダーなど)
その他天気や不在着信、SNS着信が確認できます。
通常画面のステータスバーの情報も確認できます。

このカバーと本体は最初NFCによるペアリングをすることにより、このウィンドウの切り替えが認識されます。またペアリングしたときにGooglePlayから専用のアプリをインストールします。

Z3とカバーの接続は粘着シートで行います。保護シートみたいな感じ。
テープではないのでなんども貼り直しはできるようです。
これ、剥がそうと思うと割りと簡単にはがせますので若干不安です。(まだ自然に取れたことはないですが)
保護性能ですがブックレット型なので前面背面左側面はカバーされてますので十分ですが角や右側面はあまり保護されませんので落下等には気をつける必要があります。
メリットとして前面がカバーされるのでディスプレイに保護シートなど貼らずガラス面のままの操作性の良さを体感できることですね。 あとは細かいキズなどにも保護効果はあると思います。
私も場合はカラーが白なので汚れやすかったり色移りしやすいです。(ズボンのポケットに入れておいてデニムのブルーが付着しました)

カバーを開けると自動的に画面が点灯しロック解除されますので便利というか楽です(スワイプロック時)
ちなみにカバーを閉じた状態でダブルタップで画面オンも一応できました。(反応はかなり鈍い)

使用感としては両手でqwerty入力したり左手で持ったりするのがやりづらいですが
レザー調の質感の肌触りなどこの手のカバーとしては悪く無いと思います。
あと上でも述べてますが装着が粘着シートなので気分によってつけたり外したり気軽にできないのがちょっとマイナスかな。
あとこれSonyStoreやXperiaStoreまたはドコモショップ等で買えますが価格が5,480円[税別]します。
正直高いです。 ノイズキャンセリングヘッドホンとほぼ同じ価格ですから・・・。
スポンサーサイト

Xperiaを振り返る

えー 今年もXperiaを買いました(笑)

日本で最初に発売されたXperiaでAndroidスマートフォン、Xperia(SO-01B)が2010年4月に発売されて以来さまざまなXperiaを買ってきました。なんだかんだで4年半ほど経過してますから時の流れは早いですね。 

xperia-so01b.jpg

iモード端末(フューチャーフォン)が主流だった当時はまだそれほど浸透はしてなかったと思いますが、当時はiPhoneがブレイクしてフィーチャーフォンにもタッチパネル搭載モデルが出てきていた頃です。私はタッチパネルと大画面に憧れて新しく機種を購入するたびに大きい画面サイズのケータイを選んでました。

そんな中登場したのがXperiaSO-01Bですね。画面サイズは4インチでタッチパネル、物理文字ボタンはなしというフルタッチモデルです。発売前3.4インチのケータイを使ってた私にはすごく魅力を感じました。それでまだiモードメールの受信がキャリアでサポートされてないのを理解した上で思い切って機種変したのを覚えてます。発売日に(笑) 
OSがAndroidだったってものあるかもしれませんが端末デザインも含めすごくカッコイイと思ってましたね。 Xperiaといえば他のスマートフォンとは一線を画するカッコイイデザイン、そんなイメージですね。手にしてすごくドキドキワクワクしたのを覚えてます。(小並)

その1年後に発売されて購入したのがXperia arc。 このarcデザインはかなり好評だったようで後継機種であるXperia GXにも継承されてます。arcに関してはSO-01Bと比べてもCPUやメモリがほぼ変わらず(シングルコア1GHz、512MB)だったのでディスプレイ(4インチから4.2インチに)やarcデザイン、あとミッドナイトブルーのカラーに惹かれて買いましたね。ただこの頃は過渡期に入ろうとしてた頃なので他のデュアルコアや1GBメモリ搭載スマートフォンというスペックがだんだん気になっていた時期です。

xperia-so01c.jpgXPERIA arc

それから2年間は暗黒時代を迎えたなって時期でした。
デザイン的にもありふれた感じになり、スペックは他のものより1歩遅れ機能的にも、もの足りないそんな印象のXperiaが続いた気がします。(=魅力減) この時期は個人的にサイズの揺り戻しが起こり3.7インチのSXや4.3インチのAXを買ったりしてました。

xperia-so05d.jpgxperia-so01e.jpg
左から「XPERIA SX」と「XPERIA AX」

その後、なんか大画面で所有感を満たしてくれるXPERIAは出ないものか… と思ってた2012年末ごろ、その噂を耳にしました。そうXPERIA Zです。はい。 前面背面フラットでガラスを採用したフラットデザインで新しいXPERIAが出ると聞いた時は本当にワクワクしました。そしてXPERIA Zを目の当たりにして最初に買ったXPERIAのときのような衝撃を受けました。 このあたりはこの当時の記事でも書いてます。

噂で聞いていた背面もガラスでフレームはプラスチックではなくガラス樹脂を採用したフラットデザインの高級感あふれる質感にワクワクしてました。 もちろんデザインだけでなくスペックも当時の最先端クラスものであったというのが大きいです。それは5インチフルHD画質のオプティコントラストパネルディスプレイだとかクアッドコアCPUや2GBのメモリ、32GBのストレージ、大容量バッテリー2330mAh、防水防塵機能など。 このZはZシリーズの序章といった位置づけですがいまでもカッコイイと思うデザインだと思います。 Zシリーズで紫というカラーバリエーションが追加されたのも印象的です。 私はarcのミッドナイトブルーのような深みのある黒をチョイスしましたけど。

xperia-so02e.jpgXPERIA Z

いまではZシリーズといえばハイエンドモデルでデザインからスペックまで高次元でまとまっているスマートフォンだなというイメージが根付いてきてる印象です。 次に購入したのはZの後継であるZ1です。 ここまでくるとスペック的には成熟期でもちろん性能は上がっているんですが動作速度等にはあまり変化がなくなってきます。(こだわらない人からすればほとんど変わらないレベル) となると選ぶ基準として大きくなってくるのはデザインです。 Z1に関していえばフレームがアルミ削りだしのよるものになり金属感(=高級感)が増しました。 その他カメラはソニーのデジカメにも採用されているGレンズや画像処理エンジンBIONZなどソニーならでは強化が施されてました。 

xperia-so01f.jpgXPERIA Z1

続けて発売されたZ2にも魅力は感じてましたがさすがにデザイン面以外での進化点が乏しく、泣く泣くスルー(なぜ泣くw)。そして今冬(というか秋ですね)に発売されたのが今回購入したZ3です。 Z3の印象としてはあらゆるものをそぎ落としてシンプルにそしてブラッシュアップしたZシリーズの完成形と思えるものですね。
Z1から比べると画面サイズは5.2インチに大きくなりながら狭額縁化を行いサイズを小さく、重さは20gほど軽くなりました。 Z1のVA液晶からIPSに変わり視野角が広くなり画面も省電力を維持しながら明るくキレイになってます。メモリは3GBに増えさらに動作が安定し機能面では4Kビデオ撮影のサポートとハイレゾ音源の再生、または既存の音源のハイレゾ化、そしてPS4のリモートプレイに対応したことがかなり大きな強化点です。
あとはカラーバリエーションのホワイトが前面もホワイトになったことがかなり購入同期になりました。 いままではホワイトモデルの前面はディスプレイにあわせたブラックでした。 ソニーは今回このホワイトをメインカラーに据えています。 前面背面真っ白とフレームのシルバーが輝くXPERIA、美しいですね。

xperia-so01g.jpgXPERIA Z3

さて、早い話ですが次期モデルはどんなものになるんでしょうか。 Zシリーズのデザインコンセプトであったオムニバランスデザインを継承していくのか、それともまったく新しいものになるのか、OSも発表されたばかりのAndroid5.0 Lが採用されるでしょうからUIなどかなり変わってくると思います。

楽しみですね!

SONY BRAVIA X9200B 購入してみた

昨年の記事で欲しいな~と少し書いた気がしますが…、
4K対応テレビをついに購入しました!

ちなみに4K”対応”となっているのは4K放送チューナーが内蔵していないためです。
4K放送のロードマップとしては2014年より124/128度CS、ケーブルテレビで試験放送が開始され、2016年には8K放送も開始し、2020年には124/128度CS、110度CS、ケーブルに加え、BSでの放送を拡大する予定のようです。ですが基本的に地上波の4K化の予定はないので、一般家庭にはあまり普及しないような気もします。(もちろん販売する製品がほとんど4K対応TVにシフトすれば話は別ですが)

なのでいま4Kの楽しみ方としては、現状の地上波、Blu-rayなどの映像をアップスケールした高解像度で鑑賞することが主になると思います。あとは写真のような高解像度のものはドットバイドットで見れますし、Youtubeは4K映像の配信なども始まってます。ちなみに私の主な用途はゲームとアニメ(Blu-ray,地上波)です。

さて購入したのは2014年モデルのBRAVIA X9200B(55型)です。
昨年発売したX9200Aの後継モデルにあたります。
X9200A.jpg
<2013年モデルX9200A>

X9200Aは3D方式がパッシブのせいか、液晶面に張っている偏光フィルターが縞模様に見えてしまう問題があり、色味も赤みが強い調整でした。余談ですが去年販売員に話すと「うーん、そうですか?」ってよく否定されました。(認めてくれた販売員もいましたが) で、今年お店で販売員の方が前年モデルと比較して縞々があったとか、赤みが強かったとか認めて今回はちゃんと解消されてますのでって言われて思わずデスヨネって笑いそうになりました。

X9200B_1.jpg
<2014年モデルX9200B>

画質の進化の目玉としては、X-tended Dynamic Rangeを搭載したことですね。これは暗い部分はそのままに明るい箇所だけより明るくする機能です。液晶方式ですので通常はバックライトの明るさを上げればその分暗い部分も明るくなってしまいます。それを改善したものですね。実際店頭でデモ映像を見比べてみると明暗のコントラストの差がはっきりとよく分かるようになっていると思いました。

また特徴的な両サイドスピーカーも進化してます。 メインスピーカーの素材がプラスチック樹脂製からグラスファイバー製になってます。またX9200Aでは背面にあったサブウーファーが前面にきて、かなり聴きやすい(特に人の声)ようになっているようです。 テレビのスピーカーだとセリフが聞き取りにくいことがよくあったので、私のような耳が悪い人間はとても嬉しいことろです。あと特に外部スピーカーなどを接続せずにかなりの高音質を楽しめるのがいいです。

2~3週間使用しての感想を一言で言えば「買って大満足」です。
電源を消している時の前面フラットで真っ黒なので、インテリアとしてもかなり満足感が高いです。(このへんのデザインについてはさすがSONYですね)
さて42型のプラズマから乗り換えてゲームなどどのように変わったか、機会があれば書こうと思います。




東京ゲームショウ2014関連情報

今年も、本日より東京ゲームショウが開催されています。
期間は9月18日~21日までの4日間(18,19はビジネスデイ)

関連して気になったゲーム情報のリンクを載せておきます。
(もはやチラシの裏状態と化してますので)

スクエニ主な新作出展タイトル
・キングダム ハーツ -HD 2.5 リミックス-(PS3) 10月2日発売予定
・ケイオスリングスIII プリクエル・トリロジー(PSVita) 10月16日発売予定
・ファイナルファンタジー エクスプローラーズ(3DS) 12月18日発売予定
・ファイナルファンタジーアギト+(PSVita) 2015年1月15日配信開始予定
・ファイナルファンタジー零式 HD(PS4/XBOXone) 2015年3月19日発売予定 ※FF15体験版付属!
・ブレイブリーセカンド(3DS)
・ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城(PS3/PS4)

スクウェア・エニックス【ブースリポート】【TGS 2014】(ファミ通)

『ファイナルファンタジーアギト プラス』PS Vitaで配信決定 ― 「ギルガメッシュ装備」などが付属する豪華パッケージ版も(INSIDE)

『テイルズ オブ ゼスティリア』体験版を楽しみ尽くすためのプレイガイド&インプレッション【TGS 2014】(ファミ通)

「実況パワフルプロ野球2014」,「栄冠ナイン」「サクセス」の新要素や,試合シーンをたっぷり収録したプロモーションムービーが公開(4Gamer)

【TGS2014】New 3DSの『モンハン4G』デザインや「きせかえフレーム」も展示(INSIDE)

「ファンタシースター ノヴァ」,トライエースが開発に携わった「エンド オブ エタニティ」など3作品とのコラボが決定(4Gamer)

最近は最新PVもネットで公開されてますし、体験以外なら行かなくても楽しめるのがいいですよね。
気になる記事があればまた追記します。

Newニンテンドー3DS 予約開始

ニンテンドーダイレクトで発表された新型3DSですが
各ショップで予約が開始されました。発売日は10月11日。

このNew 3DSのポイントとしては
・本体を動かしても3D映像がブレない
・Cスティック(右スティック)、ZR/ZLボタンの追加
・カメラの性能が向上
・明るさ自動調整機能が追加
・CPUパワーが上がり、ソフトのダウンロードなどの操作速度が快適に
・ボタン配色がスーファミと同じ
・バッテリー使用時間が若干伸びた。
・CPU性能を活かしたNew3DS専用のソフトの発売予定あり(ゼノブレイド)

さらにNew 3DSは
・きせかえプレートでカスタマイズ可能
・画面サイズが1.2倍に(上3.88inch、下3.33inch)

LLの方は従来のものと比べて専用の仕様はないようです。

個人的にはスーファミ配色ボタンが映える通常サイズのホワイトがとてもいいなと思います。
Newニンテンドー3DS ホワイト
B00NAW5R0I
Newニンテンドー3DS ブラック
B00NAW57DK


9月4日に発売された3DS版ドラクエ10や、すでにLLを持っている人はやはりLLにしないと画面サイズで不満を感じそうです。通常のNew3DSとの差別化はメタリック系の塗装で高級感を出している点ですね。(でもデザインが微妙・・・)
Newニンテンドー3DS LL メタリックブルー
B00NAW57O4
Newニンテンドー3DS LL メタリックブラック
B00NAW5DT8


ヨドバシカメラ(New 3DS検索結果を表示)

ドラクエ10 もう七夕

イベントですね。
今年も去年と同様、七夕用の装備と錬金を揃えるクエストをやらなければいけないようです。(ネガティブ)
値段が落ち着いたら進めようと思います。

2.1と2.2とレベル上限解放がなかったおかげて
かなりレベル上げが捗りました。
80カンストしてない職は魔74、賢76、まも74だけになりました。
スペシャルふくびきが追加されて、メタキンが3回当たったのが大きかったですね。
もう、普通にレベル上げなんでしてられませんね。

今度振り直しで以下のように武器を使えるようにする予定です。

両手剣110 バト
短剣100 盗賊、旅
スティック100 僧侶、スパ
両手杖84 魔、賢者、魔戦
オノ120 戦士、レン、まも
ハンマー120 パラ、どうぐ、バト
ツメ120 武、盗賊、まも
扇130 旅、スパ
弓120 魔戦、どうぐ、レン

スパがカンストしたのでムチは0にしてその代わり扇を130にするプラン。
スパでも使えますが、理由は旅が短剣しか使えない(範囲攻撃がない)ためです。
まぁ有効かどうか検証して必要なかったら趣味武器の片手剣にでも振り直すつもりです。

最後にレンジャーカンスト記念のドレスアップ(新装備デュークアックスと流行りのロイヤルマントです)
20140618-0113_160693073.jpg

DQ10 ピラミッドをサポで地道にトライ

ピラミッドは現状2.0のエンドコンテンツとなっているコンテンツです。
1~6の霊廟がありそれに合わせて敵の強さが変わってます。
一度倒すと日曜日にリセットされるまで再戦できません。

ピラミッドは基本パーティを組んで挑まないとすべての敵を倒すことは難しいです。
ただ、私は基本ソロ(サポートキャラ)なのですべては倒せません。
なのでこの3週間はソロで行けるとこまで遊んでました。
私は第2の霊廟まで毎週遊んでました。
そしてちょうど10回目で初めてセトのブローチをゲットすることができました!(うれしー)
ちなみに各霊廟でアクセサリをゲットする確率は同じのようです。
(だから無理しなくて良いとディレクターのりっきーも言ってましたね)

私が最近連れている構成は魔戦(自分)、レンレン僧侶(サポ)です。
自分は基本バイキをレンジャーにかけてギガスラ連打です。
レンジャーはデュアルカッターが使えてHPが400以上攻撃300くらいでヘナトス錬金がついてるキャラが望ましいです。
ザオラルが使えるので万が一僧侶が死んだ時も安心です。

第3の霊廟以降はかなり厳しくなるのでいつも2までやめてます。
パーティ組める時は行けるとこまで、一人のときは第2までと割りきって遊んでます。
願わくば毎週1回目の鑑定のときはアクセサリがでる仕様に変更してくれるとチャレンジ回数が少ないライトにも嬉しいんですけどね(笑)

新年のあいさつ

あけましておめでとうございます。

こんにちは、せんしです。

2013年を振り返ってみると
何か大切なモノを失った、そんな年だった気がします。

それは築き上げた絆か。
それはゲームへの情熱か。
失ったものはおそらく戻ってこないでしょう。
今年は何かを得ることができる年にできたらなと思ってます。

ゲームはPS4がもうすぐ日本でも発売されます。
早ければペルソナ5も早ければ今年発売されます。
テイルズオブゼスティリアもおそらく今年でるでしょう。
時間を忘れるほど夢中になれるゲームに出会えるか。
楽しみです。

それでは皆様にとっても素敵な一年になりますように。

Twitter



FC2 Log in

最新記事

このブログ内を検索

注目アイテム

10月10日
テイルズ オブ シンフォニア ユニゾナントパック (初回封入特典 10th Anniversary Greeting Card 同梱)
B00D5OO8B0

フェアリーフェンサー エフ リミテッドエディション (限定版:オリジナル小説&秘密のデートCD&特製クリアカード同梱) ビジュアルブック 付
B00D41P548

11月7日
エクステトラ 予約特典(ミニサウンドトラックCD)、Amazon.co.jp オリジナル特典(描き下ろし1枚含むポストカードセット)付き 付
B00CYA732W

AKIBA'S TRIP 2 予約特典(1ドラマCD「ドキドキ温泉物語」、2スペシャルブックレット、3特典ダウンロードコード「スペシャル衣装」) 付
B00ES5BI18

11月14日
GOD EATER 2 (初回封入特典 序盤で役立つ! プレミアムキャラクターセット(クラシック衣装Ver.)プロダクトコード 同梱)
B00E083O1U

11月21日
ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII 初回限定特典DLC「FINAL FANTASY VII」ソルジャー1st(ウェア・武器・盾3点セット)同梱&Amazon.co.jpオリジナル特典DLC和風甲冑衣装付き
B00DQOSB1C

新・ロロナのアトリエ はじまりの物語 ~アーランドの錬金術士~ プレミアムボックス (初回封入特典(オリジナルコスチューム「ピーチバケイション」ダウンロードコード) 同梱)
B00EEY38Z2

11月28日
クリミナルガールズ INVITATION 予約特典 特典CD 付
B00EE0Y5NU

WHITE ALBUM2 -幸せの向こう側-「にいてんご」同梱パック (にいてんご小木曽雪菜&にいてんご冬馬かずさ 同梱) PlayStation Vita用ムービープロダクトコード 付
B00ECTGVFI

12月19日
ドラッグ オン ドラグーン3
B00DNV40KO

お気に入り - Links


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。