スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XperaZ3用ウィンドウ付きフリップブックレットスタイル保護カバー使用感

Xperia Z3用のウィンドウ付きフリップブックレットスタイル保護カバーSCR24を購入して数日装着してみた感想です。(長い・・・)
私は本体ホワイトなので白を選びました。

SonyMobile製品ページ

scr24.jpg

写真の通りの閉じても小窓から情報の閲覧や操作ができるものです。
窓部分はちゃんと透明のシートが貼られています。
フリップを閉じると小窓用に合わせた画面に切り替わります。

フリップを閉じた状態で操作できることは
・カメラ撮影
・アラーム
・電話着信応答
・ミュージックプレイヤー
・一部のウィジェットの追加と確認(カレンダーなど)
その他天気や不在着信、SNS着信が確認できます。
通常画面のステータスバーの情報も確認できます。

このカバーと本体は最初NFCによるペアリングをすることにより、このウィンドウの切り替えが認識されます。またペアリングしたときにGooglePlayから専用のアプリをインストールします。

Z3とカバーの接続は粘着シートで行います。保護シートみたいな感じ。
テープではないのでなんども貼り直しはできるようです。
これ、剥がそうと思うと割りと簡単にはがせますので若干不安です。(まだ自然に取れたことはないですが)
保護性能ですがブックレット型なので前面背面左側面はカバーされてますので十分ですが角や右側面はあまり保護されませんので落下等には気をつける必要があります。
メリットとして前面がカバーされるのでディスプレイに保護シートなど貼らずガラス面のままの操作性の良さを体感できることですね。 あとは細かいキズなどにも保護効果はあると思います。
私も場合はカラーが白なので汚れやすかったり色移りしやすいです。(ズボンのポケットに入れておいてデニムのブルーが付着しました)

カバーを開けると自動的に画面が点灯しロック解除されますので便利というか楽です(スワイプロック時)
ちなみにカバーを閉じた状態でダブルタップで画面オンも一応できました。(反応はかなり鈍い)

使用感としては両手でqwerty入力したり左手で持ったりするのがやりづらいですが
レザー調の質感の肌触りなどこの手のカバーとしては悪く無いと思います。
あと上でも述べてますが装着が粘着シートなので気分によってつけたり外したり気軽にできないのがちょっとマイナスかな。
あとこれSonyStoreやXperiaStoreまたはドコモショップ等で買えますが価格が5,480円[税別]します。
正直高いです。 ノイズキャンセリングヘッドホンとほぼ同じ価格ですから・・・。
スポンサーサイト

Xperiaを振り返る

えー 今年もXperiaを買いました(笑)

日本で最初に発売されたXperiaでAndroidスマートフォン、Xperia(SO-01B)が2010年4月に発売されて以来さまざまなXperiaを買ってきました。なんだかんだで4年半ほど経過してますから時の流れは早いですね。 

xperia-so01b.jpg

iモード端末(フューチャーフォン)が主流だった当時はまだそれほど浸透はしてなかったと思いますが、当時はiPhoneがブレイクしてフィーチャーフォンにもタッチパネル搭載モデルが出てきていた頃です。私はタッチパネルと大画面に憧れて新しく機種を購入するたびに大きい画面サイズのケータイを選んでました。

そんな中登場したのがXperiaSO-01Bですね。画面サイズは4インチでタッチパネル、物理文字ボタンはなしというフルタッチモデルです。発売前3.4インチのケータイを使ってた私にはすごく魅力を感じました。それでまだiモードメールの受信がキャリアでサポートされてないのを理解した上で思い切って機種変したのを覚えてます。発売日に(笑) 
OSがAndroidだったってものあるかもしれませんが端末デザインも含めすごくカッコイイと思ってましたね。 Xperiaといえば他のスマートフォンとは一線を画するカッコイイデザイン、そんなイメージですね。手にしてすごくドキドキワクワクしたのを覚えてます。(小並)

その1年後に発売されて購入したのがXperia arc。 このarcデザインはかなり好評だったようで後継機種であるXperia GXにも継承されてます。arcに関してはSO-01Bと比べてもCPUやメモリがほぼ変わらず(シングルコア1GHz、512MB)だったのでディスプレイ(4インチから4.2インチに)やarcデザイン、あとミッドナイトブルーのカラーに惹かれて買いましたね。ただこの頃は過渡期に入ろうとしてた頃なので他のデュアルコアや1GBメモリ搭載スマートフォンというスペックがだんだん気になっていた時期です。

xperia-so01c.jpgXPERIA arc

それから2年間は暗黒時代を迎えたなって時期でした。
デザイン的にもありふれた感じになり、スペックは他のものより1歩遅れ機能的にも、もの足りないそんな印象のXperiaが続いた気がします。(=魅力減) この時期は個人的にサイズの揺り戻しが起こり3.7インチのSXや4.3インチのAXを買ったりしてました。

xperia-so05d.jpgxperia-so01e.jpg
左から「XPERIA SX」と「XPERIA AX」

その後、なんか大画面で所有感を満たしてくれるXPERIAは出ないものか… と思ってた2012年末ごろ、その噂を耳にしました。そうXPERIA Zです。はい。 前面背面フラットでガラスを採用したフラットデザインで新しいXPERIAが出ると聞いた時は本当にワクワクしました。そしてXPERIA Zを目の当たりにして最初に買ったXPERIAのときのような衝撃を受けました。 このあたりはこの当時の記事でも書いてます。

噂で聞いていた背面もガラスでフレームはプラスチックではなくガラス樹脂を採用したフラットデザインの高級感あふれる質感にワクワクしてました。 もちろんデザインだけでなくスペックも当時の最先端クラスものであったというのが大きいです。それは5インチフルHD画質のオプティコントラストパネルディスプレイだとかクアッドコアCPUや2GBのメモリ、32GBのストレージ、大容量バッテリー2330mAh、防水防塵機能など。 このZはZシリーズの序章といった位置づけですがいまでもカッコイイと思うデザインだと思います。 Zシリーズで紫というカラーバリエーションが追加されたのも印象的です。 私はarcのミッドナイトブルーのような深みのある黒をチョイスしましたけど。

xperia-so02e.jpgXPERIA Z

いまではZシリーズといえばハイエンドモデルでデザインからスペックまで高次元でまとまっているスマートフォンだなというイメージが根付いてきてる印象です。 次に購入したのはZの後継であるZ1です。 ここまでくるとスペック的には成熟期でもちろん性能は上がっているんですが動作速度等にはあまり変化がなくなってきます。(こだわらない人からすればほとんど変わらないレベル) となると選ぶ基準として大きくなってくるのはデザインです。 Z1に関していえばフレームがアルミ削りだしのよるものになり金属感(=高級感)が増しました。 その他カメラはソニーのデジカメにも採用されているGレンズや画像処理エンジンBIONZなどソニーならでは強化が施されてました。 

xperia-so01f.jpgXPERIA Z1

続けて発売されたZ2にも魅力は感じてましたがさすがにデザイン面以外での進化点が乏しく、泣く泣くスルー(なぜ泣くw)。そして今冬(というか秋ですね)に発売されたのが今回購入したZ3です。 Z3の印象としてはあらゆるものをそぎ落としてシンプルにそしてブラッシュアップしたZシリーズの完成形と思えるものですね。
Z1から比べると画面サイズは5.2インチに大きくなりながら狭額縁化を行いサイズを小さく、重さは20gほど軽くなりました。 Z1のVA液晶からIPSに変わり視野角が広くなり画面も省電力を維持しながら明るくキレイになってます。メモリは3GBに増えさらに動作が安定し機能面では4Kビデオ撮影のサポートとハイレゾ音源の再生、または既存の音源のハイレゾ化、そしてPS4のリモートプレイに対応したことがかなり大きな強化点です。
あとはカラーバリエーションのホワイトが前面もホワイトになったことがかなり購入同期になりました。 いままではホワイトモデルの前面はディスプレイにあわせたブラックでした。 ソニーは今回このホワイトをメインカラーに据えています。 前面背面真っ白とフレームのシルバーが輝くXPERIA、美しいですね。

xperia-so01g.jpgXPERIA Z3

さて、早い話ですが次期モデルはどんなものになるんでしょうか。 Zシリーズのデザインコンセプトであったオムニバランスデザインを継承していくのか、それともまったく新しいものになるのか、OSも発表されたばかりのAndroid5.0 Lが採用されるでしょうからUIなどかなり変わってくると思います。

楽しみですね!

docomo Xperia Z1とZ1f

10月10日にドコモ2013-1014冬春モデルの発表が行われ、新機種が公開されました。

WS000000.jpg
(クリックでドコモオフィシャルサイト)

トピックスとしては受信最大150Mbps(一部地域)対応、クワッドバンドLTE(2.0GHz/800MHz/1.5GHz/1.7GHz)に対応となってます。クワッドバンドはようやくって感じですね。都心などではつながってもパケ詰まりがあるのでどこまで変化がでるか少し期待です。(もちろん基地局などにも問題はあるとは思いますが)

夏モデルではツートップとして一部の端末を優遇してましたが、今回は「ドコモのおすすめスマートフォン」として展開するようです。少し控えめになりましたが似たような施策は続けるようですね。

おすすめとされてるのは3機種で、AQUOS PHONE ZETA SH-01F、ARROWS NX F-01F、Xperia Z1f SO-02Fです。国内メーカーをサポートする感じのようです。(NECとパナは撤退しましたしね・・・)

機種全体として見ても今は動作速度は不満のでるものはほとんどないと思うしスペックもほぼ横並び、便利機能に関してはArrowsなどのほうが優れていると感じてます。その中で私が注目しているのは(毎度のことですが)Xperiaシリーズです。
なぜXperiaなんだと言われるとやっぱOne Sonyというメーカーの総力で商品が開発されているところですね。商品価値が高いといいますか、カメラも今回はデジカメで使われているレンズを搭載してきたり端末デザインに関してはアルミフレームやガラスを使用していて、他の端末のようなプラスチッキーな安物感が無く所有欲を満たしてます。(XperiaZ1で実感)

今回はXperia Z1とXperia Z1fが発表されました。

xz1.jpg
Xperia Z1 SO-01F
xz1f.jpg
Xperia Z1f SO-02F


Z1は9月から発売されているグローバルモデルがベースにドコモロゴが付き、ストレージが32GBに増加、おサイフケータイ、フルセグ(ワンセグ)、NOTTV、赤外線が搭載された国内モデルです。

Z1fはドコモオリジナルモデルでZ1のデザインそのままにサイズを縮小、画面サイズが4.3インチHD(Z1はフルHD)になり、ストレージ16GBを搭載しフルセグ、NOTTV、赤外線を省いたモデル。その他CPU、メモリ、トリルミナスディスプレイ、Gレンズ搭載カメラなどの機能はすべてZ1は同様になります。また発売時期からかZ1fがグローバルモデルに搭載されているスタミナモードも搭載するようです。かなり優遇されてます。

おすすめスマートフォンにフラッグシップ機にあたるZ1ではなくZ1fを据えてるところがドコモのプライドが見え隠れしますね。他社でも取り扱うZ1よりもドコモが手がけたZ1fを推したいってことでしょうね。まぁauもZ1よりもauオリジナルのisaiをトップに扱ってますから同じようなものですね。

一括価格はZ1が89,040円とかなり高額になってます。おすすめスマートフォンのArrows NXとAQUOS PHONE ZETAが70,560円なので2万円近くもちがいます。ちなみにau版のZ1の一括価格は70,560円なのでドコモの価格設定がフザケてるのがよくわかります。Z1はあまり売る気はなくZ1fを売る気のようです。おそらくZ1fは7万程度に抑えてくるでしょう。

あ、Z1fずるいみたいな流れになってますがもちろん良い端末です。Z1価格設定がおかしいだけで。うん。

プロモーションムービーと機能紹介映像も公開されました。







XPERIA Z 使用感

ブラックに機種変して約2週間ほどたったので使用感をレビューしようかなと思います。

まずは外観、デザイン。

約139mm×約71mm×約7.9mmで重さは約146g。
重さもありますがサイズとの対比で持った感覚は軽いなと感じます。

質感は両面ガラスやフレーム部分もガラス繊維を用いた素材を使い、高い質感と耐久性を実現してるようです。
またボタン類もアルミを使ってるのでかなり高級感あります。
いままでのスマートフォンにありがちなプラスチック、フレームボタン類はメッキ塗装など安っぽいものから一線を画してて気に入ってます。

71mmある横幅はエッジは若干ラウンドしてますが、
背面がかまぼこ型になっているわけではないのでエッジが当たる感じはします。
個人的にはこのエッジが当たる感じは結構好きです。

ブラウザやTwitterでスクロールするだけなら片手でも問題無いですが
すべての動作で片手で完結するものではないです。
が、慣れないというものではないです。

続いて画面(液晶)

非常に評価が難しい部分です。

どうしてかというと個体差がかなりあります。
どういう点に問題があるかというと色味ですね。
青みがかったものや緑が強めにでてるものなど同じ製品とは思えないレベルだと思います。
この色が偏った傾向にある液晶にある問題としてスクロールしたときに文字が変色して見える現象があります。(いろいろ見比べました)
青が強いものは青紫、緑が強ければ黄緑といった文字の滲みが確認できます。
まったく問題ない個体ではスクロールしても文字の色は変わりません。

メーカーとしてはこれを不具合とは言えないでしょうね。(数が多すぎて)
ただそういう訴えをしているユーザーがいるという話をサポートから聞くことは出来ました。
今後画質モードやカラーキャリブレーションといった機能をアップデートで各自で対応できるようにして欲しいものです。

今後改善ロットが出まわる可能性もありますが
現状買う場合は2点以上を比較された上で購入することおすすめします。

レスポンス

CPUがクアッドコアでメモリがうんたんって話もありますが
もはやレスポンスがいいとか悪いとかそういうことを気にするレベルではなくなったとおもいます。
ストレスレス。ゲームとかは未体験ですが普通に使う分には非常に快適です。
(ちなみにdocomoのプリインアプリはほとんどアンインストール、無効化しました)

カメラ

連射できてシャッターも早いし十分綺麗だと思います。
ほとんど使ってないし、素人でこだわりもないんで無評価とします。
ただカメラの起動にちょっと時間がかかるのは改善して欲しい。
アイコン押して起動まで2~3秒はかかります。

バッテリー

持つ、と言っていいです。
待受だけなら2日は余裕ですね。
やはり画面の消費は高いですが、そこそこヘビーに使っても1日はもつので問題なし。
(ちなみに私はブラウザでニュース、2ch、Twitter、メールとか結構使います)

サウンド

受話音量や内蔵スピーカーからの音もいいですね。
ウォークマンアプリ使ってよく家で聞いてます。
残念な点はキャップレス防水ではないのでイヤホンで直挿しで聞こうとするとキャップを外さないといけない点です。

その他

フラッグシップとしてはROMが16GBと若干すくなめですが、
フラッシュメモリの規格が従来のeMMC4.41からeMMC4.5に上がってて
書き込み速度1.5倍以上/読み込み速度2倍になってます。
これもレスポンスに一役買っていると思います。

マイナス点を上げればバッテリーが内蔵型で交換は有償になることですかね。
まぁ私の場合は2年も使わないので問題ないです。
それに蓋とかを排除してこのデザインができたという意味ではマイナスでもないかな。

あと他の国産モデルにある使い勝手の良い機能がないのでそのへんは好みが分かれそうですね。
たとえば、持っている間画面オンとか横になって見るときは画面回転しないとか、伝言メモとか。

AXから搭載されているスモールアプリは結構いいですよ。
通常動いてるアプリとは別に画面にブラウザやカメラ、タイマーやメモなどを別枠で表示して操作できます。
たとえば動画再生しながらブラウザ開いたりとか。
こういうのはタブレット向きかも知れませんけどなんか楽しいです。

まとめ

液晶の当たり外れはありますが、所有欲を満たしてくれる製品であることは間違いないです。
スペックやレスポンスを気にして買い換える時期はもう終わりかもしれません。
なので今回は長く使いそうな気がします。

ソニーモバイル2013年フラッグシップモデル「Xperia Z」を発表

ソニーモバイルが2013 CESのプレスカンファレンスで2013年フラッグシップモデルの「Xperia Z」を発表しました。

Xperia_Z.jpg
2013年1月7日(米国ラスベガス)− ソニーモバイルコミュニケーションズは、「2013 International CES」に先駆けて行われたソニーのプレスカンファレンスにおいて、今春に導入予定のスマートフォン、『Xperia™(*1) Z』の発表を行いました。

『Xperia™ Z』は、約7.9mmの薄型フラットボディにソニーの最先端の技術を搭載したスマートフォンです。約5.0インチのフルHDディスプレイに高輝度・高精細な映像表現を可能にする「Reality Display」を採用し、「モバイルブラビア(*2)エンジン2」と併せて、映像コンテンツをより鮮やかに、美しく表現します。また、ソニーが世界で初めて開発した積層型CMOSイメージセンサー“Exmor RS for mobile(*2)”を採用した約1310万画素カメラはHDRビデオに対応。複雑な操作や特別な設定なしで簡単に、美しい静止画や動画を撮影いただけます。CPUには1.5GHzのクアッドコアを搭載し、すばやく、快適な操作性を実現。防水・防塵性能も備え、シーンを問わずお使いいただけます。薄型フラットボディは背面にガラス素材を採用することで、美しい平滑面を実現、無駄を排したミニマルで心地よいデザインが特長です。

また、ソニー製の対応機器にかざすだけで写真や音楽をワイヤレスでお楽しみいただけるワンタッチ機能に対応。『Xperia™ Z』で再生中の音楽を接続先のスピーカーやヘッドセットで再生するワンタッチリスニング機能や、写真や動画を簡単にバックアップするワンタッチバックアップ機能にも対応しています。

『Xperia™ Z』は日本を含めた各市場での発売が予定されています。
ソニーモバイル

スペックについてはいつも半歩遅れた印象のあったXperiaですが今回は最先端のスペックを搭載してます。

OS:Android 4.1.2 (JelleyBean)
CPU:Qualcomm社製のクアッドコア1.5Ghz
RAM:2GB
ROM:32GB16GB
ディスプレイ:5.0インチフルHD液晶(1080x1920ピクセル)リアリティディスプレイ MoblieBRAVIAEngine2搭載
カメラ:約1310万画素積層型COMSセンサExmor RS for mobile HDR動画撮影が可能
サイズ:139x71x7.9mm
重さ:約146グラム
バッテリー2330mAh バッテリーを4倍以上長持ちさせるSTAMINAモードあり
LTE通信対応
Bluetooth 4.0
NFC Type A/B/F対応
無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n HT40対応
防水、防塵対応(IP55/IP57)

Xperia_Z_detail.jpg

スペックもさることながらデザインもフラットなデザインでかなりかっこいいです。
前面だけでなく背面もガラスを採用していて高級感があります。
サイドのボタンもアルミを使用しているようでとてもアクセントになってます。
またすべての面で微妙に丸みを帯びたエッジと滑らかな反射面でユニークなOmniBalance設計を導入してます。
見た目が安っぽいスマートフォンが多いのでかなり心奪われてます。

Xperia_Z_color.jpg

グローバルモデルのカラーは3種類。
白や紫もキレイですがはやり個人的には黒がいいですね。ちょっと青みがかっているのがまた良い感じです。
日本向けに発売されることも決定しています。正直日本仕様は入れないでこのまま出して欲しいですね。

紹介動画を追加しました。


関連リンク
Sony Mobile、5インチフルHD液晶+クアッドコアCPU搭載の「Xperia Z」を発表(ITmediaMoblie)

AQUOS PHONE ZETA SH-09Dの支払いシミュレーション

AQUOS PHONE ZETA SH-09Dの公式予約が今日22日から始まってます。
発売予定日は29日になってます。

ドコモの支払いシミュレーションに端末が掲載され、分割支払総額が判明してます。

分割支払総額:67,200円

新規・機種変更の場合の月々の支払料金をシミュレートしてみました。

spモード:315円
タイプXiにねん:780円
Xiパケ・ホーダイ フラット:5,985円
月々サポート:2,205円割引

一括払い:4,875円/月
24回分割払い:7,675円/月(67,200÷24回=2,800円加算)

上の金額に以下の割引を追加
Xiスマホ割対象(10年ご愛顧、U-25、はじめて2年):420円割引

一括払い:4,455円/月
24回分割払い:7,255円/月

上の金額に以下のオプションを追加
Xiカケ・ホーダイ(ドコモご契約回線への通話が24時間無料):700円

一括払い:5,155円/月
24回分割払い:7,955円/月

いくつかのパターンでシミュレートしましたが概ねこのような形になるんではないですかね。

ちなみに現在は9月30日まで、Xiパケット定額サービスの上限額を1,050円引きするキャンペーンをしてるので、Xiパケ・ホーダイ フラットの料金は4,935円になってます。
10月以降はデータ通信量3GBまでのXiパケ・ホーダイライトで4,935円、7GBまでのXiパケ・ホーダイフラットで5,985円になるようです。

今回、10年ご愛顧の2年間の月々サポートの割引額が5,040円から10,080円に増額されたのでかなり購入に傾いてます。

SIIIの価格が・・・

ドコモから6月28日に発売予定のGalaxy SIIIですが価格が判明したようです。

71,400円(分割の場合2,975円/月x24回)

これに店ごとの頭金が上乗せされた金額が販売価格になるようです。

月々サポートは
新規・機種変更が2,310円/月x24回=55,440円
MNPが3,465円/月x24回=83,160円

ともあれ本体価格が71,400円…。高いですね。
去年発売されたSIIが56,448円ですから、最近のスマートフォンは高くなってきている印象です。
月々サポートはそのぶん増額されているので2年使用時の実質負担額という点では安くはなってはいるのですが、一括購入で比較的短い期間で機種変することのある私としてはあまり本体価格上昇というのは嬉しくないです。
(というか実質価格を安く見せるために本体価格を高く設定してる?)

今後発売されてくる各メーカーのフラッグシップモデルもこれに近い値段なのでしょうか。
躊躇しますね。

発売予定日が発表されて近くのドコモショップでも実機の展示が始まってたので触って来ました。ちなみに青です。
内覧会で触ったときはかなり魅力的に感じたのですが、改めて触るとそれほどでもないような・・・
ポップアッププレイやスマートステイはもちろん凄いんですけど、アプリドロワーとかの一部のスクロールで引っ掛かりを感じました。(初期移動時)
ブラウザはヌルヌル動きますが、本体のフォントを変更したときにブラウザだけはフォントの変更が反映されないのが残念。明るさ調整も本体とは別になってます。フォントは標準の他にマルベリと明朝が入ってました。
あえて今回は国産ガラスマ買うのもありかな~って思ったり。もちろん価格次第ですけど・・・

■リンク
本日6月17日よりGalaxy S III SC-06Dの予約受付が開始!価格は71,400円(「ゼロ」から始めるスマートフォン)

GALAXY NEXUS SC-04D の4.0.4バージョンアップと卓上ホルダ

私は現在GALAXY NEXUS SC-04Dをメインで使っているのですが
この前ドコモの内覧会に行った時にドコモの説明員とお話をしました。

この機種には別売りオプションで接点式の卓上ホルダがあるのですが
昨年12月の端末発売以降約半年ずっと未定になってましたが
どうやらそろそろ発売するようです。

理由としてはバージョン4.0.2では卓上ホルダに対応してなかったようです。
そのため今回のバージョンアップにより対応できるため発売するようです。
具体的な発売日は教えてくれませんでしたが
おそらくバージョンアップが行き渡るころには発売してくれそうです。
今月中には出て欲しいな。

GN_cradle.jpg

ヨドバシドットコムでは予約も始まってます。

それと意味深なことも言ってました。
バージョンアップ等遅れたお詫びじゃないですが今後サプライズを用意してますと。
何かは教えてくれませんでしたが
次期Androidバージョン(Jelly Bean)が今月発表される予定なので
もしかして・・・と勝手に期待しちゃってます。(あくまで想像ですのであしからず)

■関連リンク
テザリング対応、Android 4.0.4になったGALAXY NEXUS

Twitter



FC2 Log in

最新記事

このブログ内を検索

注目アイテム

10月10日
テイルズ オブ シンフォニア ユニゾナントパック (初回封入特典 10th Anniversary Greeting Card 同梱)
B00D5OO8B0

フェアリーフェンサー エフ リミテッドエディション (限定版:オリジナル小説&秘密のデートCD&特製クリアカード同梱) ビジュアルブック 付
B00D41P548

11月7日
エクステトラ 予約特典(ミニサウンドトラックCD)、Amazon.co.jp オリジナル特典(描き下ろし1枚含むポストカードセット)付き 付
B00CYA732W

AKIBA'S TRIP 2 予約特典(1ドラマCD「ドキドキ温泉物語」、2スペシャルブックレット、3特典ダウンロードコード「スペシャル衣装」) 付
B00ES5BI18

11月14日
GOD EATER 2 (初回封入特典 序盤で役立つ! プレミアムキャラクターセット(クラシック衣装Ver.)プロダクトコード 同梱)
B00E083O1U

11月21日
ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII 初回限定特典DLC「FINAL FANTASY VII」ソルジャー1st(ウェア・武器・盾3点セット)同梱&Amazon.co.jpオリジナル特典DLC和風甲冑衣装付き
B00DQOSB1C

新・ロロナのアトリエ はじまりの物語 ~アーランドの錬金術士~ プレミアムボックス (初回封入特典(オリジナルコスチューム「ピーチバケイション」ダウンロードコード) 同梱)
B00EEY38Z2

11月28日
クリミナルガールズ INVITATION 予約特典 特典CD 付
B00EE0Y5NU

WHITE ALBUM2 -幸せの向こう側-「にいてんご」同梱パック (にいてんご小木曽雪菜&にいてんご冬馬かずさ 同梱) PlayStation Vita用ムービープロダクトコード 付
B00ECTGVFI

12月19日
ドラッグ オン ドラグーン3
B00DNV40KO

お気に入り - Links


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。